読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶたのやきゅうブログ

オリックスバファローズファンが野球について書いたり書かなかったりします。

月間ベストナインを選んでみた(5月)パリーグ編

月間ベストナイン パリーグ

 こんばんは、ぶたです。

 前回更新から1か月経ってしまいました。特に何かあったわけではなく、のんびりしていたら1か月も過ぎてしまっていました。変わったことといえば、バファローズ交流戦パリーグ唯一の負け越しを喫したぐらいでしょうか……。今後はもう少しマメに更新していきたいと思っています(実現できるかは分かりません)。

 

 では、さっそく1か月前に予告していた通り、私が独断で選ばせていただいた、5月の月間ベストナインを発表していきます。今回はパリーグから始めましょう。

 ちなみに、選手成績はヌルデータ様を参考にさせていただいております。

 

先発   石川歩   (H)

中継ぎ  宮西尚生  (F)

抑え   サファテ  (H)

捕手   該当者なし

一塁手  メヒア   (L)

二塁手  浅村栄斗  (L)

三塁手  レアード  (F)

遊撃手  茂木栄五郎 (E)

左翼手  T-岡田  (Bs)

中堅手  柳田悠岐  (H)

右翼手  岡島豪郎  (E)

指名打者 長谷川勇也 (H)

 

 先発はロッテの石川歩投手。先発投手は、投球回数と防御率で評価します。投球回数では武田翔太投手が上回っていますが、圧倒的な防御率を残した石川投手にしました。この記事を書いている時点(6月30日!)で、両投手ともにシーズン8勝2敗と好成績を残し、好調なチームを支えています。石川投手は、ストレートとシンカーのコンビネーションを活かす制球力が光っていますね。

[試合]5 [勝利]3 [敗戦]1 [HLD]0 [S]0 [防御率]0.79 [投球回]34.0 [WHIP]1.12

【次点】

武田翔太(H) [試合]5 [勝利]4 [敗戦]0 [HLD]0 [S]0 [防御率]2.23 [投球回]36.1 [WHIP]1.10

 

 中継ぎ日本ハム宮西尚生投手。中継ぎ投手を選ぶのが一番難しいです。セットアッパー、ワンポイント、ロングリリーフ等、様々な役割があるため、「中継ぎ」と一括りにして比較するのは無理のある話かもしれません。とはいえ、中継ぎ投手にとって「走者を出さない」「点を取られない」ということが重要なのは疑いないと思うので、防御率とWHIPを重視して選出しました。WHIPに関しては、同じく日本ハムで現在抑えに回っているマーティン投手の方が好成績でしたが、失点の有無が決め手になりました。

[試合]9 [勝利]1 [敗戦]0 [HLD]7 [S]0 [防御率]0.00 [投球回]7.0 [WHIP]0.71

【次点】

マーティン(F) [試合]8 [勝利]0 [敗戦]0 [HLD]5 [S]1 [防御率]0.00 [投球回]7.2 [WHIP]0.65

 

 抑えソフトバンクサファテ投手。パリーグ新記録となる月間12セーブをあげて、5月度月間MVPに輝きました。抑え投手が月間16登板というのは驚異的な数字だと思います。それだけソフトバンクが接戦をモノにしているということなのでしょう。今回からは、文句なしで選出できたポジションについては次点選手を載せないことにします。

[試合]16 [勝利]0 [敗戦]1 [HLD]2 [S]12 [防御率]1.69 [投球回]16.0 [WHIP]0.69

 

 ここからは野手です。

 まずは捕手なのですが……規定打席に到達した選手がいませんでした。規定未達の選手の中から誰かを選んでも良いのですが、やはりキャッチャーであっても打ってほしい、打撃で貢献してほしいという思いがあるので、今回は該当者なしにしました。ちなみに、6球団それぞれで5月の先発マスクが一番多かった選手は、以下の通りになっています。嶋選手が怪我で離脱したのが大きかったですね。

[H]鶴岡慎也 [M]田村龍弘 [F]大野奨太 [L]炭谷銀仁朗 [E]嶋基宏 [Bs]伊藤光

 

 一塁手は西武のメヒア選手。3・4月から続けての選出です。しかし、5月は失速気味で、打率・本塁打・打点すべてにおいて目立った結果にはなりませんでした。とはいえ、チームの中軸としては十分な働きだったとは思います。OPS.882で失速気味と表現するのは少しおかしいかもしれませんね。それでも、そう感じてしまうほどの素晴らしい選手です。

[打率].253 [本塁打]7 [打点]16 [犠打]0 [盗塁]0 [出塁率].330 [長打率].552

【次点】

中田翔(F) [打率].263 [本塁打]5 [打点]22 [犠打]0 [盗塁]0 [出塁率].299 [長打率].465

内川聖一(H) [打率].269 [本塁打]3 [打点]18 [犠打]0 [盗塁]0 [出塁率].337 [長打率].387

 

 二塁手は西武の浅村栄斗選手。パリーグ5月の首位打者でした。好不調の波が激しい浅村選手ですが、当たりが出だすと手が付けられない怖い打者ですね。フルスイングができる打者は見ていて気持ちが良いですし、投手にとってもそれだけで失投できないという恐怖を覚える存在となるのではないでしょうか(投手経験のない私には分かりませんが……)。

[打率].378 [本塁打]5 [打点]12 [犠打]0 [盗塁]2 [出塁率].406 [長打率].611

 

 三塁手日本ハムレアード選手。5月度月間MVPにも選ばれました。驚異のOPS1.2超えで、文句なしの選出です。低打率でビックリ箱のようにホームランが出る、ロマン砲のような存在だったレアード選手ですが、確実性も増してチームに欠かせない主砲となりました。美味しいお寿司をいっぱい食べて、日本で長く活躍してほしいですね。

[打率].326 [本塁打]12 [打点]21 [犠打]0 [盗塁]0 [出塁率].410 [長打率].791

 

 遊撃手楽天茂木栄五郎選手。ルーキー初の月間ベストナイン選出です。プロ入り前から評価されていた鋭いスイングで、期待通りの活躍を見せてくれています。このまま行けばパリーグの新人王最有力候補でしょう。また、高校・大学とサードを守っていたにもかかわらず、プロでショートの守備を無難にこなしているあたり、野球センスの高さを感じさせられます。守備で負傷してしまいましたが、早く治して帰ってきてほしいですね。

[打率].371 [本塁打]1 [打点]12 [犠打]6 [盗塁]2 [出塁率].429 [長打率].500

 

 左翼手オリックスT-岡田選手。5月のパリーグはレフトが激戦区になりました。次点に挙げた角中選手、栗山選手も高打率・高OPSを記録しましたが、T-岡田選手が頭一つ抜けた形になりました。3・4月は不振で苦しみましたが、復帰後はホームランを量産、追い込まれてからはうまく合わせてヒットも量産、というT-岡田選手の良い部分が見られました。

[打率].356 [本塁打]9 [打点]20 [犠打]0 [盗塁]3 [出塁率].391 [長打率].736

【次点】

角中勝也(M) [打率].357 [本塁打]2 [打点]11 [犠打]0 [盗塁]2 [出塁率].455 [長打率].524

栗山巧(L) [打率].345 [本塁打]2 [打点]9 [犠打]0 [盗塁]0 [出塁率].450 [長打率].512

 

 中堅手ソフトバンク柳田悠岐選手。ついに目覚めた、という感じでしょうか。3・4月は各球団の四球攻めと「柳田シフト」で、なかなか調子が上向きになりませんでしたが、四球の多さはそのままに打率も伸びてきました。その結果、出塁率が5割を超え、だいたい2回に1回は出塁しているというとんでもない成績になりました。

[打率].346 [本塁打]5 [打点]17 [犠打]0 [盗塁]5 [出塁率].519 [長打率].667

 

 右翼手楽天岡島豪郎選手。リードオフマンとして活躍し、一時は打率部門のトップにも立っていたと記憶しています(1か月以上前の記憶なのであやふやですが……)。5月は三振よりも四球の方が多く、出塁率が伸びましたが、盗塁死の多さは少し気になります。対照的に盗塁成功率の高い糸井選手は、5月前半の不振が響きました。

[打率].326 [本塁打]1 [打点]7 [犠打]1 [盗塁]1 [出塁率].408 [長打率].419

【次点】

糸井嘉男(Bs) [打率].307 [本塁打]2 [打点]10 [犠打]0 [盗塁]6 [出塁率].361 [長打率].409

 

 指名打者ソフトバンク長谷川勇也選手。全ホークスファンが待ち侘びていたといっても良いのではないでしょうか、長谷川選手の復活です。2014年シーズンの怪我の影響か、昨シーズンは不振に苦しみました。しかし、今シーズンは開幕から安定した打率を残しており、4月の終わり頃から打点も稼ぐようになりました。李大浩選手が抜けた穴は小さくありませんが、長谷川選手の復活が十分なフォローになっているといえるでしょう。

[打率].304 [本塁打]4 [打点]18 [犠打]0 [盗塁]1 [出塁率].379 [長打率].478

 

 以上、サファテ投手とメヒア選手の2人が、3・4月から続けての選出でした。月間ベストナインには選びませんでしたが、角中選手も続けて好成績を残しています。岡島選手は、選出しなかった3・4月も良い成績を記録していました。しかし、3・4月と5月の打率10傑を比べると、7人もの顔ぶれが入れ替わっています。プロの世界で好調をキープし続けることの難しさを改めて確認させられました。

 

 早いうちにセリーグ編も更新したいと思います。

 ではでは。